ハーネスの用途

ハーネスの利用用途や便利な使い方について

自動車を運転している最中にカーステレオで音楽を流しているといった方や、よく車内の電気をつけて休憩しているといったドライバーの方は多いと言えます。

そんな自動車内の電気配線を支えている機械装置がハーネスです。
複数の電線を結束帯やチューブ、粘着テープなどでまとめて、端部に複数の電線を一度に接続できる多芯コネクタを取り付けたというケーブル上の装置であり、組み込まれる機械に固定するフックなどを備える場合も多いといった特徴があります。

自動車の場合まとめられていない電線の束を使って電気配線を整備すると、振動による電線の擦れ合いから故障や発火が引き起こされる場合があるのですが、ハーネスを利用すれば電線の束が占める空間を小さくできるだけでなく故障や発火などリスクも軽減されることから、自動車パーツとして利用される傾向が強くなっています。
ハーネスの用途としては電線とコネクタとしての利用が主だと言えますが、カーステレオや車内点灯などに固定するための固定具としいて組み込まれることも多くなっています。
つまり固定具としても保護具としても自動車に使われていることが多いパーツとして、自動車関連のパーツ販売店や修理工場などでは認識されていると言えるのです。

このハーネスの便利な使い方としては、複数の機材をひとつのバッテリーからの出力で起動させたい場合に、ケーブルとしてつなげるといった使い方が挙げられます。
例えばカーステレオとカーテレビがあったとして、それぞれ違うメーカーの商品を一台の自動車につなげたいといった場合に、接続端子につなぐだけでカーバッテリーから起動させることが可能となり、その設置作業を素人でも行なえるようになるため自動車パーツの取り付け料金を支払う必要がなくなるといったメリットがあるのです。

意外なほど簡単に自動車用のステレオやテレビを取り外しできるようになりますので、上手に利用すれば本当に便利に活用できるのだと認識しておいてください。 ちなみにハーネスはカー用品店だけでなくインターネット通販でも販売されているため、どのような用途で利用するにしても容易に購入することが可能となっています。購入方法も便利なカーパーツのひとつなのだとイメージしておいて構わないでしょう。

自動車に毎日乗るといった方からすると、自動車の車内環境を整えることは精神衛生上とても大切なので、便利なパーツを活用して居心地のいい車内を実現させることを推奨します。

重要なお知らせ

PAGE TOP